葉酸の効果と過剰摂取による副作用について調べてみました。

葉酸の効果と過剰摂取による副作用

妊娠中の葉酸摂取効果

妊娠中はあらゆる栄養素が不足しがちで意識してそれらを摂るべきです。

栄養素の不足は母体だけではなくお腹の赤ちゃんにも影響が出てしまう場合があります。

妊娠中に最も摂取が勧められる栄養素として葉酸があげられます。

妊娠初期から産後の授乳期まで摂取量に気をつけながら摂りましょう。

お腹に赤ちゃんが居る時と授乳期では効果が違います。

それぞれの時期に多大なメリットをもたらしてくれるでしょう。

赤ちゃんがお腹に宿った当初では、先天異常のリスクを大幅に減らしてくれます。

無脳症や二分脊椎などの重大な症状を防ぐことが可能です。

 

妊娠中期から後期まで

中期から後期にかけては赤ちゃんの栄養不足を防ぎ、母体の貧血を改善してくれます。

中期から後期にかけては造血が間に合わないので貧血になりやすいのでこの効果は出産時の体力づくりとしても必要です。

授乳期には母乳を通して、まだ食べ物をとることが出来ない赤ちゃんに母親の摂取した栄養素が送られます。

葉酸を摂ることで発達障害のリスク軽減が考えられます。

妊婦の時に気をつけたい事のひとつに摂取量があげられます。

通常の1.5倍の量が必要だと言われていますので食べ物やサプリメントから積極的に補わなければいけません。

葉酸が多く含まれる食物は緑黄色野菜です。

しかし熱に弱い成分のため調理方法を注意する必要があります。

サラダにすると生のままなので効果的です。

葉酸は赤ちゃんが生まれる前や生まれてからもお母さんの強い味方です。