葉酸の効果と過剰摂取による副作用について調べてみました。

葉酸の効果と過剰摂取による副作用

緑黄色野菜で葉酸を摂取!

葉酸は必須のビタミンの一つであり、特に妊娠している女性には欠かせないものです。

胎児が育つ上で活発に行われる必要がある細胞分裂の際にDNAの合成に関わることから、胎児の発育に必須のものとして理解されています。

また、成人においても活発に分裂を繰り返すことで血液系の細胞が作られています。

貧血の予防と対策に関しても役に立つことから、女性にとって欠かせないビタミンとして注目をあびるようになっています。


葉酸は食べ物から摂取することも可能であり、ほうれん草やブロッコリーなどの緑黄色野菜に豊富に含まれています。

レバーや豆類にも含まれていることから、こういった食品を積極的に食べることによって必要摂取量に足りるようにしていくということもできないわけではありません。

しかし、毎日必要な量をきちんと摂っていくというのが難しい場合もあるでしょう。

そういった際に役立つのが葉酸サプリであり、一日の必要量をカバーできるものが多数販売されています。


食べ物から摂取する場合でもサプリを利用する場合でも二つの注意点があります。

一つはできるわけ分けて摂取するということです。

水溶性ビタミンであるため、一度に摂取しても吸収されない部分ができてしまいがちだからです。

もう一つは過剰症が知られているということであり、摂り過ぎもかえって良くないということは理解しておく必要があります。

野菜中心の食事をしている人がサプリを使用したいと思ったら特に気をつけましょう。